セフれサイトに登録するパターンとして、フリーメールを事前に用意して、入力する情報は最低限にするのが無難だと言えます。
要するに、登録先が悪質サイトだということも考えて、常にリスクヘッジをしておくべきなのです。

もし迷惑メールが送られたり、メールアドレスが悪用されてしまったとしても、フリーメールなら特に問題はないわけです。
そのまあアドレスを削除することができるので、それで対処することが可能なのです。

また、登録時に入力する情報も、住んでいる都道府県、年齢、性別、自己PRなどに留めておくようにしましょう。
本名、住所、電話番号などは基本的に必須ではありませんし、ほとんどのサイトでは任意となっているのでが、そういった情報は書かない方がいいのです。

悪質サイトに余計な個人情報を知られてしまうと、面倒な勧誘をされてしまったり、架空請求などの詐欺行為に悩まされる可能性があるのです。
もちろん全て無視すればいいのですが、それでも頻繁に電話がかかってきたりすれば、相当煩わしく感じるでしょう。

そういった状況にならないためにも、最低限の情報以外は入力を控えて、知られても問題がない情報だけに留めておくべきなのです。